どのようにしてお葬式の方針を決めるのか

亡くなった人があの世でも幸せであることを祈ったり、残された家族などが最後の別れを告げるなどの目的で執り行われるのがお葬式です。生活様式や嗜好が多様化したために伝統的な形式にとらわれない人も増えて来ましたが、本来の意味を考えて執り行わなくてはなりません。お葬式のことは良く分からないから、お金がないからと、よく考えずにきちんとしたお葬式をしないと後悔することになってしまいます。決まりごとばかりに思えるお葬式も、利用する式場やプランによって内容は大きく異なり、喪主の意向によって決められることもたくさんあります。費用に関しても、多くの人に連絡をして大きな式場で執り行えば多額の費用が必要となりますが、家族や親族などだけの小規模なお葬式にすれば安い費用に抑えることも可能です。

早急に執り行う準備にかからなくてはならない状態では、落ち着いて方針を考える余裕はありませんから、どのようなお葬式にするのかなど、方針を決めておくことが大切となります。普段から家族とお葬式のことについて話し合っておけば急に執り行うことになっても、慌てずに済みます。お葬式のことは年齢などに関係なく、誰もが考えておくべき問題です。縁起が悪いからとお葬式の話題に触れられるのを嫌がらず、社会人として必要な一般常識として取り組まなくてはなりません。

方針を決めるために、まずは以前参列したお葬式や近くにある式場などを思い出してみることです。どのようなお葬式が良いと感じたか、どこの式場の印象が良かったかなどを考えると、理想的なイメージが固まってきます。ただし、お葬式は一人だけの意見で方針や内容を決めずに、家族や親族の意見も聞いて皆の同意を得ることも大切です。故人や喪主の希望に沿ったものが望ましいとはいえ、周囲の人の賛同を得らない状態は避けなくてはなりません。急いでお葬式を執り行う必要がある時に意見が対立してしまうと、家族や親族間で大きな問題となってしまう可能性もあります。

そのため、方針や内容について、何度も話し合う機会を作り、お互いの意見を言い合っておかなくてはなりません。他の人のお葬式に対する考えはなかなか分かりにくいものですから、近くでお葬式があった時などに積極的に話題にするべきでしょう。お葬式について話し合う時は、漠然としたイメージだけではなく誰が喪主となるか、参列して欲しい人などの具体的な内容や方針などにも触れておく必要があります。

新着情報

2018年08月09日
ホームページを更新しました。